2014年4月3日

空家を活用する。学生任意団体つくる


またも更新が滞りつつある、ろんです。

今日は、僕がやっている団体のことについて少し紹介したいと思います。

 

まず、自己紹介をすこしすると、僕は長崎の都市計画学専攻の大学院2年生です。
都市計画といってもハード面の研究ではなく、建物や音の景観評価を主にする研究をしています。

ま、自己紹介はそんなところにして、最近立ち上げた僕らの団体を紹介します。

 

その名は、、、
「学生任意団体  つくる」 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/tsukulu.nagasaki

、笑

f:id:iwamotoron:20140403140759j:plain

(※仮のロゴです)

はい、団体名からは何をしているかさっぱりの団体です。
ざっっくりいうと、お金もコネもスキルもない学生が「まち」に入り込んで、まちづくりをしようという団体です。(笑)

長崎は、斜面地が多く市の中心部から徒歩県内の斜面地でも、その生活上の不便さ(高齢者にはきつい坂、車が入れない、緊急車両が入れない)から、局所的に少子高齢化が進み人口が減っている現状があります。そのため空家も多く存在しています。

しかし、斜面地は立地が良いため、窓からは長崎港が見え、世界三大夜景(http://www.at-nagasaki.jp/yakei/w3nightview/)もみることが出来ます。また、斜面地によっては長崎らしい異国情緒が多く残るとても魅力的な場所でもあります。

そこで、ぼくら「つくる」は斜面地に増えた空家を活用し、長崎の魅力を発掘し、発信することを目的として、2013の12月に設立しました。いまの進捗状況としては、空家をなんとか借りることができ、これから引っ越しをする予定です。

f:id:iwamotoron:20140403141502j:plain

(その空家からの長崎港稲佐山の写真です)

このブログでも、ちょこちょこその進捗について書いて行きたいと思います。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です