信徒発見150周年公開講座に参加!

信徒発見
Pocket

【信徒発見150周年公開講座 】

今年は信徒発見から150周年ですね。

さまざまな信徒発見の記念イベントが行われていて、大浦天主堂では毎週土曜日に公開講座が行われています。

10986439_774047456035633_3758907811110425696_n
ここで信徒発見のおさらい。
江戸幕府時代にキリスト禁教令がしかれ、キリシタンへの迫害や弾圧が行われました。長崎の教会もすべて壊され、宣教師も追放されました。250年におよぶキリシタン迫害の中、長崎の信徒は祈りを絶やさず信仰を続けていました。そして、250年の時間を経て大浦天主堂に、農民が訪れ信徒であることをプチ・ジャン神父に伝え、信徒発見となりました。これは、世界にとっても重大な出来事なのです!!
(旅する長崎学で学びました笑)

今日はその大浦天主堂で行われている信徒発見の公開講座に行ってきました!!

11042656_774047509368961_8014037031938667920_n

キリシタン禁教令と江戸幕府の関係や長崎への影響などを聞くことができました。
はじめて入る夜の天主堂は、まるでミサのようでとても雰囲気が良かったです。
教会の中は撮影禁止なので撮りたかったですが写真はありません。

11044594_774047479368964_8451261165763236726_n

信徒発見は長崎にとっても世界にとっても重大な出来事であり、今年は記念すべき節目でもあります。世界文化遺産への推薦も決まり、注目される大浦天主堂から、今一度長崎とキリスト教について学んでいきたいと思います!

次回の公開講座は3/14(土)19時〜20時で大浦天主堂です。

そして、記念イベントの一覧はここから!!
チトピである劇とか、ブリックのシンポジウム、信徒発見の日である17日に行われるミサなど行きたいものばかり!!
http://nagasaki.catholic.jp/cms/newspaper/150/list.pdf
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です