2016年9月8日

「行動力の育て方」読了


久々の更新。

日々、いろんなことでなかなブログが書けず。

ただ、日常のなかでの膨大なインプットの中で、まとめるのが苦手な僕は定期的にアウトプットしていかないと、どんどん流れていってしまうので、自分のあたまの中の整理のためにも、気がけてブログを更新しようと思う。

今回は、読んだ本の紹介。

この本を読んだのもブログを思ったきっかけにもなった。

読んだ本は、安藤美冬さんの

『やる気があっても長続きしない人の「行動力」の育て方」』

という本。

安藤美冬さんは、ノマドワーカーという言葉が出てきたときからよくテレビに出ていて、そのころからなんとなく気になっていた人。

タイトルからして、いかにも自己啓発的な感じでちょっと嫌だったけど、タイトルを見てずっと気になっていたので、購入し読んでみた。

結論からいうとすごく良かった。

内容は、スティーブン・R・コヴィーさんの7つの習慣を、安藤さん流に翻訳をしたって感じ。7つの習慣とか、分厚いしいかにも自己啓発的で読んでいなかったけど、安藤さんの自己体験から7つの習慣を紹介していて読みやすかった。

いろんな、習慣があるんだけど、

その中で印象的だったのが、「7つのマイナス習慣」「感情日記」「3年サイクルの目標」「時間管理の原則」などなど。

今の自分と当てはめて読むと、耳が痛いことばかり。。。

いろんんな内容が書いてあったけど、結局、いかに自分と向き合う習慣を作るか、そして自分の思いに従って行動するか、というような内容だった。

最近、U30からはじめる長崎のまちづくり会議や、いろんな人のお話を聞く中で、何かをやっている人は、自分のやっていることや、それをなぜやっているかなど、当たり前だけど、自分の言葉でしっかりと話していた。自分にできるかと思うと少し不安になった。でも、自分なりにいろんなことを経験し、体験したきたとは思っている。ただ、その経験も自分の中で振り返り、整理していかないと流れていってしまうだけだと思った。

最近の経験や、この本を読んで、

「自分と向き合う」ということがいかに大切か、感じた。

自分も自分の言葉でしっかりと話せるよう、この本に書かれていた習慣を少し意識して、生活していきたいと思う。

そんなことを思った、今日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です